​南東北グループは、「すべては患者さん、利用者さんのために」を院是として掲げています。

​理念

01 患者さん中心の、暖かく心のかよう医療を目指します。

02 医療を通じ、地域住民の健康づくりへの貢献を目指します。

03 常に研鑽に努め、質の高い地域医療、看護、介護、リハビリテーション業務を目指します。

04 生命の尊厳と人権を守り、患者さんに信頼される、職員が誇りを持って働ける病院を目指します。

​南東北グループ憲章

01 個人情報の保護に十分配慮するとともに、患者さん、利用者さんの満足と信頼を得る南東北グループを目指します。

02 常に危機管理に配慮し、不測の事態の回避に努めます。

03 報告、連絡、相談、確認、迅速、実行を怠らず、常にグループ内の連携を密にし、情報の共有化を図るよう努めます。

04 有能な人材の確保・育成を図り、グループの限りない発展に努めます。

05 職員は南東北グループの一員であることを自覚し、規律を守り、品格を重んじ、責任ある行動に努めます。

06 職員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい職場環境を確保し、ゆとりと豊かさの実現に努めます。

07 良き医療(保健、福祉)集団として、積極的に社会活動に貢献します。

08 最高責任者は、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範のうえ、南東北グループ内に徹底するとともに、取引先に周知させます。また、患者さん、利用者さん及び職員の声を常時把握し、実行ある組織体制の整備を行うとともに、企業論理を徹底します。

09 本憲章に反するような事態が発生したときは、最高責任者自らが問題解決にあたる姿勢を内外に明らかにし、原因究明、再発防止に努めます。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にしたうえ、自らを含めて厳正な処分を行うものとします。