​教育体制

​ 三成会では以下のような段階的な教育制度のもと、力量に応じた目標設定・評価システムを導入しています。またプリセプター制度の導入で、3年目以降の職員が新人について業務内容から心のケアまで、幅広くフォローしています。

まずは仕事に慣れることを目標に。丁寧な研修プログラムと現場経験を重ね、成長の土台を作ります。

​新人(経験年数1年~)

目 標

〇組織の中で自分の役割を理解し、業務遂行が

 できる

〇組織の理念・目標を理解する

〇業務に必要な制度・法令などを理解する

〇社会人としてのルール・マナーを理解し実践する

〇課業一覧表・能力要件書に基づき実践できる

目 標

研 修

〇介護業務研修

〇接遇研修

​〇各種委員会研修

研 修

職務内容

〇個別援助の実施

〇基本介助、健康管理、日常生活援助

​〇報告、相談、連絡、確認、迅速、実行の実施

​充実の新人教育で、徹底サポートします。

入社後すぐに新入社員オリエンテーション開催

入社3年目以降の先輩がマンツーマンで指導するプリセプター制度あり。

年2回上司との面談を実施し、個人目標に対しての進捗状況と仕事上の悩みなど話し合います。

4介護プロフェッショナルキャリア段位制度の活用

​キャリア段位制度とは

​キャリア段位制度とは、介護職をまったくの「新人レベル」から「トップ・プロフェッショナル」のレベルまでを能力別に7段階で分け、自分の職業能力はどのレベルにあるのかを客観的に評価・能力の見える化を行う、全国統一、内閣府推奨の認定制度です。レベルが上がるほど、利用者にとって質の高い介護を実践していることになります。

各事業所で認定された評価者(アセッサー)が当該職員の仕事ぶりを評価し、基準を満たしていると判断すればキャリア段位が認定され、自身の能力が明確になります。

三成会では、様々な研修を通して能力の向上を図り、積極的な段位認定を行っています。

中堅(経験年数2年~)

​基礎を習得した介護士が更に躍進できるよう、また、後輩や学生たちを指導できるよう自立を目指します。

目 標

目 標

〇後輩の育成ができ、助言・指導ができる

〇組織の課題を発見し、チームの一員として解決に努める。

〇専門職としての自分の将来像を具体化する

〇専門的知識・技術の向上を図る

〇課業一覧・能力要件書に基づき実践できる

目 標

研 修

〇介護業務研修  

〇リスクマネージメント研修

〇接遇研修    

〇レクリエーション研修

〇感染対策研修  

〇排泄介助研修

〇認知症実践研修 

​〇学会への参加

職務内容

〇初級業務に加えサービス業務改善  

〇ISOの運営・促進

〇委員会活動への参加

〇プリセプター制度の実施

​南東北グループの学術学会に参加

南東北グループの医療・福祉施設に勤務する職員が集まる学会である「南東北連合学術学会」にて、日々の介護業務から学んだことや研究の成果を発表しています。

研 修

上級・リーダー

(経験年数5年~)

​難解な業務をこなしながら、​各ユニットの管理・部下の

指導を行います。

目 標

目 標

〇高度な倫理観と自分の仕事を分析的に見て改善できる

〇研究活動・学会発表などにも積極的に取り組み後輩に指導できるようにする

〇教育・指導者としての役割を果たす

〇現場のリーダーとして職員間の信頼関係を築く

​〇課業一覧・能力要件書に基づき実践

研修・資格

研 修

(研修)

〇介護業務研修  

〇認知症実践研修

〇実習指導者研修 

〇アセッサー研修

〇管理者研修

(資格)

​〇介護支援専門員

職務内容

職務内容

〇中級業務に加え管理職の補佐  

〇部下への指導

〇リスクマネジメント

〇業務内容の検証・改善